レモンスター





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

お菓子の家 :: 2010/12/27(Mon)

卵アレルギーな息子へ
クリスマスケーキの代わりに作ったの。

25日の午前中はひたすらクッキーを焼き、26日にホワイトチョコを溶かして部品を接着。
日にちはかなりずれましたが、完成

いやーーーこれは大変だった。

DSCF7778_convert_20101227084722.jpg


昨日、都内のとあるホテルのランチブッフェに行きました。
卵アレルギーの子供がいることを予約の際にちゃんと伝えたのですが、電話に出た係りの人は「当日、申し出ていただければシェフが食べられるものとそうでないものを説明します。」とのことでした。

ミッキーマウス関係の某ホテルでの対応もそうだったので、特に心配せずに行ったのですが・・・
まったく対応がなっていませんでした。

パン、ケーキ、お菓子類はすべてダメ、揚げものもダメ、サラダもレタスのみ。しかもドレッシングもNG。
パスタは大人味で、ワインに合いそうなチーズ味だし、お惣菜類で食べられたのはブリ大根とローストビーフとトマト系の洋風なものの3種のみ。

ほとんど食べられないので、マネージャーを捕まえて「予約の際に卵アレルギーだって伝えてるんだから、食べられないものがほとんどなんだったら、その際にちゃんと伝えてくれ! 楽しみにしてきたのに、現地に来て、食べられないものばかりで、大変がっかりしている。」と。

そのマネージャーも最初は謝るばかりで、ガマンしてくれみたいな雰囲気タラタラだったのだけど、やっと対応してくれて、鯛の塩焼きとメロンを持ってきてくれました。

もう気分台無し 味もよくわかんなくなっちゃった

ミッキーマウス関係の某ホテルでは卵なしのホットケーキを別に焼いてくれたり、食べられるものもメニューの半分ぐらいあったし、
これまで旅行などで宿泊したホテルの朝食ブッフェでもこれほど食べ物に苦労したことがなかったので、昨日のランチブッフェはダメージが大きかったです。

当日がっかりしないように下調べの重要さを肝に銘じなければと思いました。



スポンサーサイト
  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<デザインミラー | top | おりん布団状クッション>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://motiyama.blog92.fc2.com/tb.php/65-ec3089b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。